「ありがとう」と「ごめんなさい」1

皆さんおはようございます(^-^)

色々な業界や古くからの友人、知人がブログを読んで頂いているとの声を掛けられる事が多くなりました、【白メガネ】荒川です。
今日は一番小さい時から今までずっと付き合いのある友人の話をします。
彼はN君といって、平田町にあるソバ屋さんを家族とやっているのですが、小学生の時は自転車大会に出たり、中学生の時は毎日彼の家に入り浸って、遊んでいました。
そんな私達が中学二年生の時です。
ある場面で彼が言いました。
「大丈夫だよ」
「ありがとう。とか、ごめんね。って言うのが苦手なんだよね?」
「でも俺は分かってるから大丈夫だよ」
って。。。
彼の言うとおり、すごい苦手?というか、下手?というか、心では思いながらも、なかなか素直になれなくて、表現出来ずに人間関係が上手くいかなかったり、喧嘩したりしているけど、言えずにいた気持ちを、家族以外では初めて?察してくれたのは彼でした。
その日以来、彼に対する感謝の気持ちは途切れた事はありません。
彼のその一言があったから、今では当時に比べると大分スムーズに「ありがとう」と「ごめんね」を言える様になりました。
私にとって彼は一番初めの【ケミスマ体験】だったのかもしれません。
これからは、今伝えたい事も、今まで伝えられなかった事も、出来る限り記録に残して行きたいと思います(^-^)
その決意の表れとして、一言
「これを読んで頂いている皆様、ありがとうございます」
そして、読んでいない方々も含め、家族、仲間、友人、会社等は様々な人に支えてもらっている事に感謝しています。
本当にありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします。
ありがとうの気持ちは重要なケミスマ体験として、可能な限りブログに残していこうと思います(^-^)
それでは、本日も感謝の気持ちで頑張りましょう!(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください