普通の怖さ

shiromegane

おはようございます。

 

白メガネ荒川です(^-^)

 

毎年起業する会社が10年後に存続する確率が何%か?ご存知でしょうか?(^^;;

 

ある会社の統計データによると10%なんだそうです(汗)

 

つまり90%の会社はなんらかの理由で無くなっているという現実。

 

これは私が起業する時には知らずに3年くらい経過した時にあるセミナーで聞いた話なんですが、いつその90%になってしまうのだろうか?と、数年間はドキドキしながら過ごしてきました(笑)

 

ただ、お陰様で、先日なんとか13年目に突入し、10%の中には残りことが出来たのですが、この先10年後にことを考えると更にゾッとします(笑)

 

およそ1%の生き残り確率・・・汗

 

が。。。頑張ります(笑)

 

そんな私が色々考えてみた一つの仮説(あくまでも独断と偏見)について書いてみたいと思います。

 

それは【普通】に対する怖さです。

 

私自身の話をすると「普通」と捉えている感覚がいつもずれているような気がしながらも、何とか?43年生きてきました(苦笑)

 

普通の感覚

 

普通の基準

 

普通の判断

 

普通の行動

 

色々な定義がありますが、普通ってなんでしょうか?(^^;;

 

何が怖いか?って

 

「集団のリーダーにとって、普通の判断基準で何らかの決定を重ねていくと先程の90%側に飲み込まれていく可能性がある。」

 

と、いうことなんです(^^;;

 

普段何気に使っている「普通」はとても奥が深く、考えさせられる場面が多いと思いました(^^;;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください