究極の目的

おはようございます(^-^)
白メガネ荒川です。
本日は自動二輪と普通乗用車の免許を取得して23年目の記念日です(笑)
まぁ、それはどうでも良い情報なんですが。。(笑)

「何の為に生きているのか?」
という壮大な「目的」について考えてみました(笑)
昨日までが連休だった方にとっては久々の仕事の朝に面倒くせえテーマだな。と、思うかも知れませんが。。。(笑)
こういう事って、気が付いたら時や、身の周りでそれを振り返るキッカケ(信号)が出ている時がその時だと思っているので、朝5時に起きてウォーキングしながらまとめています(笑)
私自身がこれまでの40数年間の間に様々な形で振り返る場面がありましたが、得てして「究極の辛い環境」にぶち当たった時に思い出しやすい事の1つだと思ってます(^^;;
どうしてこんな事になっちまったんだろう?
どうして俺が。。?
どうしてあの時こう出来なかったのか?
そんな風に「過去の原因」について考える訳ですが、この方法で解決した試しがありません(笑)
何故なら
過去は変える事が出来ないから。
じゃあどうすりゃいいの?
ってなるんですが、
ワクワクしている自分。
何かの暖かさに触れて心が柔らかくなっている自分。
何かを乗り越えてやり遂げた達成感に浸る自分。
乾いた砂漠に水が吸い込まれる様なじわじわしている自分。
感動している自分。
愛していると感じる自分。
生きているからこそ感じる事の出来る「今の自分」の中に少しでも心が良い方向に向かうキッカケを感じ取る事が最初の一歩。
何処まで行っても問題の中心にいるのは自分であり、リスタート出来るのも
自分の判断で、
自分の意思で、
自分の決断で、
その一歩を踏み出すしかない。
その時振り返る「究極の目的」
何の為に生きているの?
その答えは
幸せになる為。
それ以上の事は無いんじゃないかな?
長渕剛さんは「幸せが何であるのかさえ、分からなくなってしまいましたぁ〜」
と、歌っていましたが、その答えはもう目の前に来ているのかも?
カエルは飛び上がる直接が一番縮んで力を溜めている状態。
どのタイミングで飛び上がるのか?
それは自分の中にスイッチがある。
captain of the ship

自分という船の船長は自分なのだから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください