褒めるって難しい(笑)

shiromegane

おはようございます。

白メガネ荒川ですm(_ _)m

1.「褒めると伸びるタイプ」

2.「褒めると調子に乗りすぎるタイプ」

3.「褒めると油断・慢心してだらけるタイプ」

因みに、私は2と3番です(笑)

そんなタイプなので、とりあえずどんなに頑張ったつもりでいても、なかなか褒めて貰う事が出来ません(涙)

そんな背景もあって、褒められた経験が極端に少ないと感じている私は「褒め方」や「褒めるタイミング」がわかりません(笑)

でも、仕事の中ではとっても重要なことの一つなので、自分なりにはタイミングや褒め方についても考え、実行してきました(^-^)

 

ところが、最近少し困っています(汗)

 

と、いうのもある本を読んだ際にこの様な事が書かれていました。

 

「褒める」=「縦の関係が前提にある」

(社会的や、年齢、立場様々な場面においての上下関係の中で、明らかに上側の立場の人が自分よりも下に見ていると思っている時に使われる可能性が高い)

と、いうのです。

 

明確な主従関係であったり、親子ほどの年齢や経験の差があったり、はっきりと上下関係が明確ならば良いのですが、相手を尊敬や尊重している方に対しての「褒め方」や「褒めるタイミング」の難しさを感じるわけです(^^;;

 

素直に感動し、心から溢れてくる気持ちの表れの適切な表現方法についての「ベター」が難しいです(笑)

 

「安易な言い方や、安易なタイミングで軽く?褒めてしまう」=「相手を上から見ている」

 

となってしまわないようにしたいと思うのでした。。。(^^;;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください