大人のモラルが全てじゃないはず vol.46

こんばんは。キングオブコントのアルコアンドピースは記録には残れませんでしたが、記憶にはバッチリ残ったので、芸人としては良い仕事をしたんじゃないか?と思っている【白メガネ】荒川です。

初めて買ったアルバム(レコードorカセットテープ)は暴威のBOOWYでしたが、初めて買ったCDは「The street beats」のnaked heartsでした。

何才になっても 、このCDを聞いた時の熱い気持ちは忘れたくありません。
40にもなって、子供っぽいと言われるかもしれませんが、今もビーツが好きです。
アウトサイダーや、世界一悲しい街等、何百回聞いたか分かりません。
今改めて聞いても心にジーンと来るようなメッセージを伝えられるバンドは少ないんじゃないか?と思うんです(^-^)
70年代の有名バンドの代表として、「ビートルズ」があると思うんですが、名曲や本当に良い物を作り出した方々の定義って、「何年たっても心に響く曲」だと思うんですよね(^-^)
そういう意味では、ビーツは名曲があったから、「CROWS」にも使われたんだと思います(^-^)
よかったら聞いてみて下さい(^-^)
今日の【ケミスマ】は、「何年たっても、変わらない良さ」のテーマでお届けしました(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください