達成感

おはようございますm(_ _)m

【白メガネ】荒川です。
先程、小学二年生の子供に質問しました。
「何をしている時が楽しい?」
・ゲームしてる時?
・ピアノ弾いてる時?
・勉強してる時?
・テレビを見ている時?
・漫画を見ている時?
・運動している時?
等。。。
すると、こんな答えが返ってきました。
「なわとびしてる時」
「バランスボールに乗っている時」
ほぉ。。
理由は?
どうして好きなの?
と、聞いてみると、
「たくさん飛んだり、長い時間バランスボールに乗ることが出来た時に【達成感】があるから!」
だ、そうです(^_^;)
正直、私は記憶に残っている初めての【達成感】は、
下手過ぎて一度も試合に出れなかった小学四年生
→父親と毎週末特訓
→小学校五年生全試合スタメン出場
→1年間特訓してもらった成果が出て、凄く嬉しかった。
という経験でした。
その後は中学二年生の時に勉強が身についていると思うようになった時に感じた達成感が子供の頃に強く印象に残っている【達成感】でした。
今までは、宿題を終わらせて、お風呂入って、ピアノの練習を15分やったら、ゲームを30分やっても良いという親からの一方的な約束事の中で、生きていた訳ですが、最近少し疑問に思っていました。
ニンジンを目の前にぶら下げて走る馬の様に、【やらされている】状態であるという事。
知らず知らずに【自主性】が失われ、
【目的】と、【目標】がごちゃまぜになってしまっている現状
これはマズイ。
と、思いました。
但し、今までは親としての教育的責任を【やらせる】事で果たしていると思い込み、子供には【考える力】があることを、いつの間にか無視していたのかもしれません(^_^;)
つい最近まで、まるで小動物のような存在だった子供が、いつの間にか【達成感を意識した行動を自己認識している事】に驚いた土曜日の朝でした(^-^)
何のために?
素晴らしいキーワードですね(^-^)
最近こんな事ばっかり考えてます(笑)
それでは、良い週末を(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください