「伝え方」と「伝わり方」によって

おはようございます(^-^)

昔ながらの【白メガネ】荒川です。
ある所に無名のミュージシャンがいました。
毎日、毎日、朝から晩までギターをかき鳴らし、曲作りに没頭していました。
ある日隣に住む方が隣の部屋から聞こえてくる曲が良いなぁと感じ始めました。
→友達が来た時に聞かせ、友達も共感しました。
→更に友達の友達へと噂は拡がっていきました。
また、いつもそのアパートの前にあるバス停を利用する方がふとした瞬間に曲を耳にして、何だか良い曲だなぁ。。と感じて人に伝わっていきました。
もしも
隣住んでいる人は20代のロックが好きそうな方だから、その人に受ける様な曲作りをした場合や、バス停には40代のフォークが好きそうな人が集まるから、本人は好きじゃないのにフォークソングを作って毎日その時間だけ弾いていたら?
どんな結果になるでしょうか?(^-^)
他人に受け入れてもらえるか?は二の次で、自分が楽しんでるか?
これに尽きる様な気がして、私は毎日好き勝手な事ばかり書いてます(笑)
一人も読んでくれなくなるかもしれない?とか、こんな風に書けば人気が出るんじゃないか?なんて事を考えながらやってたら、面白いはずがありません(笑)
こんなスタンスなんですが、これからもよろしくお願いします(^-^)
白メガネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください