Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hopebeverage/www/shiromegane/wp-includes/post-template.php on line 293

人間化学反応(ケミスマ)を研究しています

逆探知に関する事

皆さんこんにちわ コスモいわき の 白メガネ 荒川です。
皆さん逆探知ってご存知ですか?
昔の刑事ドラマにちょくちょく出てきたのですが、今では携帯電話やGPSが普及してすっかり聞かなくなった言葉の一つです。
犯人から電話がくる
→刑事が話を長引かせようとする
→逆探知されて自分のいどころがばれては困るので早めに電話を切る
→すると警察署内の通信室から担当刑事が出てきて、「逆探知出来ませんでした」
→一同ガッカリ
こんな感じの流れなんですが、登場携帯電話もありませんでしたし、当然のことながらナンバーディスプレーもありません。
相手がどこから電話をしてきて、何番から電話があったかもわからないのが当然のような状況でした。
ある晩の出来事です。
友人宅に電話をしました。
○○○○-○○-○110 とダイヤルを回すと、どういう訳か?
「はい110番通報です。」
( ̄□ ̄;)!!何で?
ビックリして直ぐに電話を切ってしまいました。
切るまで5秒もかからなかったと思います。
すると突如黒電話が鳴り響きます。
ジリリリリリリッ!
ジリリリリリリッ!
ジリリリリリリッ!
時間は23:30分頃、当時祖父の家に叔父と私の三人で住んでいましたから、誰からか電話が来るはずはありません。
とにかく鳴らしっぱなしにはできないので、出てみると
「今110番通報があったようですが、何かありましたか?」
えー!?( ̄□ ̄;) 
刑事ドラマで言ってたことと違うじゃん!
何も起きていない旨を伝え、電話を切りましたが、世の中テレビで放送していることを鵜呑みにすると大きな間違いが起きることを知った高校三年生の夏でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年10月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。