無意識無自覚シリーズ3

おはようございます(^-^)

白メガネ荒川です。

「最近、荒川さん白メガネじゃないんですか?」

という問い合わせが100件を超えたので、新しい白メガネを衝動的に購入しました(笑)

今日の無自覚無意識シリーズは「身内から聞いた事」です。

小さい頃、私の手相を見た祖父や祖母、両親も含めてみんなが「手相が良いから、お前は運がいいんだよ」と言われ続けました。

子供は当たり前のようにその言葉を信じて「自分は運が良い」と思い込んで生きてきました(笑)

でも冷静に考えてみると、「ただの手のひらに書いてあるシワ」です(笑)

根拠を求めたら答えに困るレベルの「ただの言い伝え」です(笑)

でも、そのおかげで「自分は運が良い」と思い込んで生きる事が出来ました。

44歳の今も信じて疑わないようにしています。

だってその方が幸せだから(笑)

大吉を引いたら「やっぱる運が良いなぁ〜」と思うし、大凶を引いたら「オォー!これから上がる一方だ!」と思ってしまいました(笑)

この様に、まさか自分にデタラメを教えるわけがないと思う存在(身近な人間)から言われた事は、信じてしまう訳です。

逆に言うと小さな子供に「犬」を見て「あ!猫だ!かわいいねぇ〜」と、身近な人間が言い続けると、暫くの間は犬を見ても猫と認識してしまいます。

親として?、大人として?、先輩として?様々な立場に置かれた時に、自分の中にある無自覚の先入観が正しいものか?誤ったものか?を確認してから話す様にしたいものです(^-^)

それでは良い1日をお過ごし下さい