「法螺(ほら)を吹く」

shiromegane

言霊(ことだま)より続きます(^-^)

 

改めておはようございます(^-^)

 

白メガネ荒川です(^-^)

 

「人は他人を通じて自分を認識する」

 

この言葉に出会ってから、「自分自身」の事について色々気がつくようになりました(^^;;

 

「法螺(ほら)を吹く」=物事を大げさに言う事等の例えとして使われますが、

 

「頼まれごとは試されごと」もある意味「法螺」のような気がします(笑)

 

頭の中で「相手の予測を上回る何らかの事を想像する」→

 

「頼まれた通りの事を頼まれた通りにする」ではなく、「頼まれてもいないのに想像を膨らませて、もっと面白い事や、もっと相手が喜ぶ事を考え、行動する。」

 

そして、それを先行して口に出すというのは「法螺」(あくまでも実行前の段階です)を吹いていないでしょうか?(笑)

 

はい。

 

私も「ホラ吹き」の一人です(笑)

 

でも、人に対して悪意を持って吹くホラは「嘘」とか「だます」になってしまいがちですが、人に対して善意をもって吹くホラは「感動」や「喜び」にならないでしょうか?(^-^)

 

本日1本目のブログに掲載した「言霊(ことだま)」も、使い方によってはとても良い結果につながっていくのではないかと思い、今朝は合わせて2本同時掲載しました(笑)

 

改めて「本日も最高の一になります!」そして、「これを読んでいただいた方も必ず良い一になります(笑)」

 

それを口に出してから仕事の準備にかかりたいと思います(笑)

 

良いクリスマスを(^-^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください