【一事が万事】

こんにちは(^-^)
近頃は生活サイクルが家事、育児、仕事オンリーの白メガネ荒川です(笑)
最近物凄く自分を律する意味で心に刻んでいる言葉があります(^_^;)
記事のタイトルにも書きましたが、
【一事が万事】
という言葉です(^_^;)
この年齢になると、出会う方一人一人にかける時間が限られてきます。
同じ様に私を見て相手の方が判断するまでの時間も短くなったと考えています(^_^;)
20代の頃は間違いがあると注意してくれる先輩や上司の方が沢山いました。
30代になると少しずつ注意される事が少なくなります(^_^;)

 

その理由としては、立場や地位が其々に変化が起きやすい年齢だからだと思いますし、それと、
「30過ぎてそんな事もわからないのか?」
と、思われたり、
「それ相応の年齢の人に注意したり、間違いを指摘するのはいかがなものか?」
と判断されたりするからです。
それが40を越えると、
「40過ぎてそんな事もわからない奴にはこれ以上言っても無駄。」
と、なってきて
「これまで40年間やってきた事を否定したくない」
みたいなプライドが邪魔したり。。。(^_^;)
気付きや学びの機会はドンドン少なくなっていきます。
だから【こそ】自分で自分を律していく事が要求される可能性が高まっている様な気がして以来、いつの間にか心の中に繰り返し巡ってくる言葉として
【一事が万事】
な訳です(笑)
ちょっとした事に気がつく人は常に気がつく。
ちょっとした思いやりのある人は常に思いやりがある。
ちょっとした事を面倒くさがるタイプは常に面倒くさがり。
ちょっとした事で誤魔化すタイプはすぐに誤魔化す。
ちょっとした生真面目な一面は大体その人柄を現す。
こんな風に自分で自分の行動をチェックしてみると、毎日が大変です(笑)

(当てはまりすぎてwww)
でもね。。。
親として?
上司として?
経営者として?
夫として?

そろそろシッカリしないとダメな年かなぁ〜なんて思ってます(笑)
そんな訳で、自分への戒めの魔法の呪文【一事が万事】です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください