競輪グランプリ2013

いよいよ残り僅かとなりました。

今年も年末恒例の行事となりました、競輪グランプリ2013が30日に立川競輪場で行われます。
どういうレースかというと、1レースで1位になると、賞金が一億円貰えるというクレイジーなレースです(笑)
競輪とはそもそも、地区毎に所属する人同士が並んで走るシステムになっており、その中で先輩後輩だったり、師弟関係だったり、仲が悪かったり、良かったり、等
「様々な人間関係の集大成」
プラス
「本気の脚力」
が必要とされる過酷なレースを予想する公営ギャンブルです(笑)
ちなみに今年の出場選手と、並び予想はこちら

(中部)深谷知広-金子貴志-浅井康太
(関東)長塚智広-平原康多-後閑信一
(福島)新田祐大-成田和也
村上義弘(単騎)

予想1
深谷と金子は師弟関係なので、師匠の為に死ぬ気で先行して、二番手から捲り発信→最後は足を溜めた浅井の抜け出し。
※通常なら、先頭はラインの引っ張り役、二番手は後続から捲ってくる選手を牽制、三番手はイン側から他の選手が突っ込んで来ないようにインを締める役ですが、1位1億のクレイジーレースなので、浅井の仁義なき突っ込みがあるのではないか?とおもっています(笑)
予想2
深谷が抑え先行しようとするところに長塚がインから競り込み番手を取る→3コーナー手前から後続の捲りに合わせて発信→新田、村上、平原、長塚の4車が混戦も、しっかり足を溜めた後閑がコースさえ空けば切れ味鋭い差し足で大番狂わせの波乱があるか?
最大のポイントは関東ラインの3車です。
中部と同じような作戦なら、平原が掛けて、ライン3車で役割を果たし、最終コーナーまで3人で守れるならラインでの勝利を目指すか?先頭が力を出し切る競争なら長塚が番手からの発進もあるのでしょうが、対戦する自力選手が深谷と新田となると、強力すぎて、番手捲りでの逃げ切りは難しいと判断せざるを得ません。
予想3
去年のグランプリではこの方のおかげで8万の車券を的中させて頂きました、村上選手。
やはり他のラインとは違い、単騎での戦いは切れ目さえあれば、何処からでも行けるので、穴を狙うなら
村上1着固定で2着、3着総流しで56点
も、面白いかもしれませんね(^-^)
予想4
予想1の展開で4番手に新田がいる展開なら捲り→ゴール前での成田との勝負のパターンか?
予想2の展開で前が隊列短くゴタゴタしてるようなら一気に捲りをカマしていくか?
こんな感じもあり得ます。
いずれにしても、今回のレースは自力選手が殆どで、追い込み選手は成田一人と言っても過言ではありません。
どこのラインからも、買えるレースになっているので、オッズもそれなりにバラけると思います(^-^)
そんな訳で、買い方の参考として
予想1
1着2着が表裏で金子ー浅井
3着新田、成田、平原、後閑
予想2
1着2着が表裏で長塚ー平原
3着が深谷、後閑、成田、村上
予想3
1着村上
2着3着総流し
56点での穴狙い
予想4
1着2着が表裏で新田ー成田
3着金子、浅井、村上、平原

展開別で言うと、こんな感じでしょうか?(^-^)

ここまでバラけると、最後は自分の好きな選手を応援する。などの決め方があるかと思います(笑)

参考になりましたでしょうか?

私の最終的な決断は当日までに発表します(笑)

それでは、良い休日を(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください