あめえばらいふ

おばんでございます(^-^)

完全に5時位には目が覚める体質になっております【白メガネ】40歳の荒川です。

ワガママと自由の境目はどこになるのでしょうか?

80年代に流行ったインディーズバンドの一つに「ガーゴイル」というグループがあります。
俗に言うビジュアル系バンドで、カテゴリーで言うと、「スラッシュメタル」というジャンルに分けられます。
当時の姿はこちら
{3DA23112-2787-41CA-995E-7040F8737067:01}

真ん中のエリマキトカゲの様な衣装を着ているのがKIBAと言うのですが、実家はお寺の住職という噂です(笑)
住職の息子だけに、歌詞の中にも意味深いものも多く、色々な意味で興味津々でした(^-^)
その中の一曲で、「あめえばらいふ」という曲があり、そのワンフレーズがとても気に入っていて、ずっと心に残っているのですが、
「ワガママなんて言葉はいつも、自由に生きている者への妬みだろ」
と、いう所(笑)
両面から見てみると、賛否両論ある言葉だとは思うのですが、
「自分らしく!」
とか、
「素直に!」
とか、
「一度きりの人生だから思った通りに!」
とか、ありますよね?
逆に、
「ワガママ!」
とか、
「自分勝手!」
とか、
「自己中心的!」
等の、言葉は全体的に似ていると思うのは、私だけでしょうか?!(^^;;
これについて、私の中で決まっている区切りは、
「他人に迷惑をかけているか?否か?」
だと、思っています。
あくまでも、自己責任の範疇で
「自分対して、自由に生きる」
のは、素晴らしい事だと思います。
もう一度言いますが、
あくまでも、自己責任の範疇

で、ですよ?(笑)
責任は取れないけど、自由を主張するのは、「ワガママ」だと思うし、
自分で責任が取れる範囲はで、やりたい事をやるのは、「自由」なのだと、思います(^-^)
その上で、何にもとらわれず、アメーバの様なライフスタイルを。。。と、いうことで、
「あめえばらいふ」
なのです(笑)
何だかちょっぴり憧れるスタイルかも?(笑)
そんな彼も50を過ぎて、今はこんな感じになった様です。
{D0BC3DEE-3824-447D-B84C-669C4C59F917:01}

( ̄□ ̄;)!!

今も現役でした(笑)

すごいですね(笑)

これからも、「あめえばらいふ」応援します(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください