隣人を?

おはようございます(^-^)

【白メガネ】荒川です。
子供の頃街角で見かけた、黒いプレートに白い文字で「○○はやってくる!」などと書かれた物があちこちに貼られていました。
覚えてる方います?(^_^;)
あれは聖書の1部を抜粋した言葉で、中でも1部の団体の方々があのプレートをはっていたそうなんですが、細かい事は分からないので、それらの団体については触れずに進めていきます。
何だか気になる?と、いうか、見た時の印象が強くて、あれはどういう意味なんだろ?と思った言葉があります。
「汝、隣人を愛しなさい」
ん?
ん?
んん。。。。?
やっぱりよく分からない(笑)←子供の頃の感想です。
隣にいる人が嫌いな人なのに、好きにならなきゃいけないの?
隣にいる人が男の人なんだけど、愛の告白を?(笑)
隣の家に誰が住んでるか分からないけど、急に好きになれと、言われても。。。(笑)
等と、あれこれ考えてみましたが、やっぱり分かりません(笑)
でも、あとからこの事についてある方が言いました。
「敵をも愛しなさい」
お!?
何かがピンときた(笑)
と、思った瞬間でした(^-^)
何故なら、昔嫌いだった同僚がいて、事ある毎に対抗心?というか、憎いと思ったり、悩んだりしていました。
でもね、そこまで色々考えたり、悩んだり、色々な工夫をしてみたり、成功したり、失敗した等の、経験は全て今の自分にとって肥やしになり、その経験無しでは、今の自分は存在しないのです。
つまり、「今までの人生において発生した出来事、出会いの全ては一つも無駄な事など無い。」と、いう事になります(^-^)
「大好きだった人」も「大嫌いだった人」も、両方存在したからこそ、今の自分がいる。
そう考えたら、全ての人が必要。
あの言葉の意味を自分なりに解釈したので、完全な独断と偏見ですが、こんな風に解釈した日以降は、今まで生意気に見えていた他人の行動が頼もしく感じたりする様になりましたなりました(^-^)
もしかしたら?
今日のブログを読んでくれた方の中で、
少しでも?心の中に届いたら幸いです(^-^)
それでは、良い一日を(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください